資産運用

米国ETF買付手数料銘柄追加!|楽天証券15銘柄&SBI証券10銘柄|全銘柄徹底紹介!

Pocket

なっちゃん

楽天証券とSBI証券で買付手数料無料の米国ETF銘柄が増えたね😆

コウタ

どんな銘柄があるかチェックしてみよう!!

この記事で分かること
  1. 楽天証券、SBI証券ともに米国ETFの買付手数料無料銘柄が増加へ!
    • 楽天証券: 15銘柄
    • SBI証券: 10銘柄
  2. 買付時の手数料が無料に!
  3. 注意点は、保有時の手数料(信託報酬)は必要
    • 経費率が信託報酬の割合となります。
  4. おすすめは経費率が低く、配当利回りが高いETF

買付手数料無料の解説

   楽天証券 SBI証券 
No.ティッカー銘柄名買付手数料
無料
経費率買付手数料
無料
経費率
1EPIウィズダムツリー インド株収益ファンド0.84%0.84%
2VTバンガード®・トータル・ワールド・ストックETF0.07%0.07%
3VOOバンガード・S&P 500 ETF0.03%0.03%
4VTIバンガード・トータル・ストック・マーケットETF0.03%0.03%
5GLDMSPDR ゴールド・ミニシェアーズ・トラスト0.18%0.10%
6QQQインベスコ QQQ トラスト シリーズ1 ETF0.20%0.20%
7SPYDSPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF0.07%0.07%
8AGGiシェアーズ コア 米国総合債券市場 ETF0.04%0.04%
9VGTバンガード 米国情報技術セクター ETF0.10%0.10%
10IYRiシェアーズ 米国不動産 ETF0.41%0.41%
11SPYSPDR S&P 500 ETF0.09%通常手数料0.09%
12RWRSPDR ダウ・ジョーンズ REIT ETF0.25%通常手数料0.25%
13AIQグローバルX AIビッグデータ ETF0.68%通常手数料0.68%
14FINXグローバルX フィンテックETF0.68%通常手数料0.68%
15GNOMグローバルX ゲノム&バイオテクノロジーETF0.56%通常手数料0.50%
なっちゃん

15銘柄の5年分のデータを載せてみたから、眺めてみてね😃

コウタ

S&P500と連動しているETFの成長率は高いですね!

一方で、AGGなどの債権はコロナショックでもほとんど影響ないのは凄いですね😆

海外ETF買付手数料無料銘柄の個別解説!

コウタ

以下に、それぞれのETFを個別に解説してます!

流し読みしてみてください!

気になるものがあればじっくり読んでみてくださいね😎

EPI (ウィズダムツリー インド株収益ファンド)

ウィズダムツリー インド株収益ファンド(WisdomTree India Earnings Fund )は、ウィズダムツリー インド・アーニングス・インデックスのパフォーマンス(手数料および経費控除前)に概ね連動する投資成果を目指している。

(出典: 楽天証券HPより)

経費率: 0.84%
配当利回り: 1.25%
株価の安定性:
値上期待値:
おすすめ度:

VT (バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(Vanguard Total World Stock Index Fund ETF)は、米国を含む全世界の先進国株式市場および新興国株式市場を投資対象とし、FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス(同インデックス)に連動した投資成果を目指す。同インデックスは全世界の大型、中型、小型株の市場パフォーマンスを測定し、先進国や新興国市場を含む約47ヵ国の約8,000銘柄で構成されている。 

(出典: 楽天証券HPより)

経費率: 0.07%
配当利回り: 1.99%
株価の安定性:
値上期待値:
おすすめ度:

VOO (バンガード・S&P 500 ETF)

バンガード・S&P 500 ETF(Vanguard 500 Index Fund ETF)は、総額が大きい米国株式を構成銘柄とするS&P 500指数(同インデックス)の投資パフォーマンスに連動する投資成果を目指す。同インデックスは、米国の主要業種を代表する大型株500銘柄で構成され、米国株式市場のパフォーマンスを表すベンチマークとして知られる。

(出典: 楽天証券HPより)

経費率: 0.03%
配当利回り: 1.38%
株価の安定性:
値上期待値:
おすすめ度:

VTI (バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(Vanguard Total Stock Market Index Fund ETF)は、グロースおよびバリュースタイルに分散した大型株、中型株および小型株へ投資対象とし、CRSP USトータル・マーケット・インデックス(同インデックス)に連動した投資成果を目指す。同インデックスは米国株式市場の投資可能銘柄のほぼ100%をカバーする。

(出典: 楽天証券HPより)

経費率: 0.03%
配当利回り: 1.35%
株価の安定性:
値上期待値:
おすすめ度:

GLDM (SPDR ゴールド・ミニシェアーズ)

SPDR ゴールド・ミニシェアーズ(SPDR Gold MiniShares Trust)は、経費控除後で、金地金の価格のパフォーマンスを反映させることを目指す。

(出典: 楽天証券HPより)

経費率: 0.10%
配当利回り: 0.00%
株価の安定性:
値上期待値:
おすすめ度:

QQQ (パワーシェアーズ QQQ 信託シリーズ1)

パワーシェアーズ QQQ 信託シリーズ1(PowerShares QQQ Trust Series 1)はパワーシェアーズ・キューキューキュー指数連動株式と呼ばれる証券を発行するユニット型投資信託。同信託はナスダック100指数(Nasdaq-100 Index)(同指数)の構成証券の全てを保有する。同信託の投資目的は同指数の価格・利回り実績に連動する投資成果を提供すること。同信託のスポンサーはInvesco PowerShares Capital Management, LLCで、受託銀行はThe Bank of New York Mellonである。

(出典: 楽天証券HPより)

経費率: 0.20%
配当利回り: 0.50%
株価の安定性:
値上期待値:
おすすめ度:

SPYD (SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF)

SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF(SPDR Portfolio S&P 500 High Dividend ETF)は、S&P500高配当指数(同指数)のトータルリターン(経費控除前)のパフォーマンスに概ね連動する投資成果を上げることを目標とする。同指数は、配当利回りに基づき、S&P500指数の採用銘柄のうち配当支払い上位80銘柄のパフォーマンスを計測することを目標とする指数である。

(出典: 楽天証券HPより)

経費率: 0.07%
配当利回り: 3.70%
株価の安定性:
値上期待値:
おすすめ度:

AGG (iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF)

iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF(iShares Core Total US Bond Market ETF)はBarclays Capital U.S. Aggregate Bond Indexで表わされるトータルの米国投資適格債券市場のパフォーマンスに連動する投資成果を目指すファンド。同指数は米国で公募発行される投資適格の米国国債、投資適格の社債、モーゲージ・パス・スルー証券及び資産担保証券など米国の投資適格債券市場のパフォーマンスを反映する。同指数の構成銘柄は満期まで少なくとも1年間を持つ必要がある。同ファンドは一般的に約90%の総資産を、同指数で表わされた債券、及び同指数の構成銘柄に実質的に類似したエクスポージャーを提供する証券への投資を通じて、同指数のパフォーマンスを追跡しようとする。

(出典: 楽天証券HPより)

経費率: 0.04%
配当利回り: 1.77%
株価の安定性:
値上期待値:
おすすめ度:

VGT (バンガード・米国情報技術セクターETF)

バンガード・米国情報技術セクターETF(VANGUARD INFORMATION TECHNOLOGY ETF)は、MSCI USインベスタブル・マーケット・情報技術25/50インデックスのパフォーマンスへの連動を目指す。米国の情報技術セクターの大型株、中型株、小型株に投資する。当インデックスは、米国の情報技術セクター株式銘柄で構成されている。このセクターは、テクノロジー・ソフトウェアおよびサービス、テクノロジー・ハードウェアおよび機器、半導体および半導体製造機器の3つの分野の企業で構成されている。

(出典: 楽天証券HPより)

経費率: 0.10%
配当利回り: 0.74%
株価の安定性:
値上期待値:
おすすめ度:

IYR (iシェアーズ 米国不動産 ETF)

iシェアーズ 米国不動産 ETF(iShares US Real Estate ETF)はDow Jones U.S. Real Estate Indexを対象指数とし、対象株価指数に連動する投資成果を目指している。同指数は米国株式市場の不動産部門のパフォーマンスを測定し、不動産所有・開発及び不動産投資信託(REIT)等会社を含む。同ファンドは同指数に含まれる証券の代表見本へ投資し、投資プロファイルを同指数に似ている。同ファンドは指数にある株式の全部を保有するとは限らない。同ファンドの投資顧問はBlackRock Fund Advisors(BFA)である。

(出典: 楽天証券HPより)

経費率: 0.41%
配当利回り: 2.36%
株価の安定性:
値上期待値:
おすすめ度:

SPY (SPDR S&P 500 ETF)

SPDR S&P 500 ETF(SPDR S&P 500 ETF Trust)は上場投資信託である。同信託はS&P500種指数(同指数)の価格・利回りのパフォーマンスに連動する。同指数は24の独立系産業グループにわたり選択された500銘柄により構成される。同信託の投資分野には、情報技術、金融、エネルギー、医療、消費者必需品、工業、一般消費財、材料、公益事業及び電気通信サービスが含まれる。

(出典: 楽天証券HPより)

経費率: 0.09%
配当利回り: 1.29%
株価の安定性:
値上期待値:
おすすめ度:

RWR (SPDR ダウ・ジョーンズ REIT ETF)

SPDR ダウ・ジョーンズ REIT ETF(SPDR Dow Jones REIT ETF)はDow Jones U.S. Select REIT Index(同指数)のリターンと特性に連動することを目指している。同指数は商業用不動産の運営・所有を行うチャーターを有する会社、並びに1960年不動産投資信託法に基づいて運営する会社を含む。REIT Indexに含まれる各不動産投資信託は浮動株調整後時価総額で加重される。各債券は自らの達成可能な市場パフォーマンスを反映するように加重され、投資家の入手できる債権を反映する。同ファンドは地域的ショッピングモール、アパート、ヘルスケア、オフィス、ストリップセンター、産業用セルフストレージ、ホテル、総合ホテル、総合・混合産業施設・オフィス、プレハブ住宅及び工場直販店などの分野に投資する。SSgA Funds Management, Inc.は同ファンドの投資マネージャー。

(出典: 楽天証券HPより)

経費率: 0.25%
配当利回り: 2.66%
株価の安定性:
値上期待値:
おすすめ度:

AIQ (グローバルX AIビッグデータ ETF)

グローバルX AIビッグデータ ETF(Global X Artificial Intelligence & Technology ETF)は、製品やサービスの提供において、人工知能(AI)テクノロジーのさらなる開発と、その利用拡大から利益を得る可能性がある企業、およびAIやビッグデータ分析を行うためのハードウェアを提供する企業への投資を目指す。Indxx・人工知能&ビッグデータ・インデックスのパフォーマンス(手数料及び経費控除前)に連動する投資成果を目指す。

(出典: 楽天証券HPより)

経費率: 0.68%
配当利回り: 0.18%
株価の安定性:
値上期待値:
おすすめ度:

FINX (グローバルX フィンテック ETF)

グローバルX フィンテック ETF(Global X FinTech ETF)は、INDXXグローバル・フィンテック・セマティック指数のパフォーマンス(手数料および経費控除前)に連動する投資成果を目指している。

(出典: 楽天証券HPより)

経費率: 0.68%
配当利回り: 6.70%
株価の安定性:
値上期待値:
おすすめ度:

GNOM (グローバルX ゲノム&バイオテクノロジー ETF)

グローバルX ゲノム&バイオテクノロジー ETF(Global X Genomics & Biotechnology)は、ソラクティブ・ゲノミクス・インデックスのパフォーマンス(手数料および経費控除前)に連動する投資成果を目指す。

(出典: 楽天証券HPより)

経費率: 0.5%
配当利回り: 0.04%
株価の安定性:
値上期待値:
おすすめ度:

そもそもETFの手数料の内訳は?

  1. 買付時: 買付手数料
    • 約定代金(*1)の税込0.495%
    • 証券会社指定の銘柄は無料
  2. 保有時: 信託報酬
    • 銘柄によるがインデックスファンドであれば0.1%以下がおすすめ
  3. 売却時: 売却手数料&税金
    • 売却手数料:
    • 税金: 20.315%

*1 約定代金とは…売り手と買い手の条件が合致して取引が成立した状態を約定と呼び、その価格が約定値段となります。約定値段と取引株数を乗算した金額が約定代金となります。

なっちゃん

今回のアップデートでは、買付時に発生する買付手数料が無料になるということね!

おすすめETFは?

コウタ

基本的には、経費率が低く、配当利回りが高いものがおすすめになります。

あとは、安定性があるとなお良しですね😉

  • VT
  • VOO
  • VTI
  • SPDY
  • AGG
  • SPY

まとめ

まとめ
  1. 楽天証券、SBI証券ともに米国ETFの買付手数料無料銘柄が増加へ!
    • 楽天証券: 15銘柄
    • SBI証券: 10銘柄
  2. 買付時の手数料が無料に!
  3. 注意点は、保有時の手数料(信託報酬)は必要
    • 経費率が信託報酬の割合となります。
  4. おすすめは経費率が低く、配当利回りが高いETF
ABOUT ME
コウタ
コウタ 28歳 社会人4年目 結婚1年目 妻と2人暮らし 地方国立大学大学院を修了後、一般企業に就職 就職当初は、遊びや飲み会、服、インテリアなどに散財する日々 貯金はほぼ0円 手取りは20万弱 これではいけない、なんとかこの状態から抜け出さなければと、fireを目指す社会人のブログです。 ※fireとは…Financial Independence, Retire Earlyの略です。「経済的自立と早期リタイヤ」という意味で、不労所得により労働をしなくても良いという選択肢を人生の早期に得ることです。 (fire…なんて良い響きなんでしょうか) 具体的には、fireをするための以下のような王道の取り組みをコツコツ行い、自らの資産を育てていく予定です。 1.支出を抑える 2.収入を増やす 3.資産を増やす 4.資産を減らさない 5.人生を豊かにするためにお金を使う 節約、副業、投資…全てにおいて初心者からスタートです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。