資産運用

【初心者向け】インデックスファンドって何?

Pocket

投資を始めると必ず聞く言葉の1つにインデックスファンドとアクティブファンドがあります。

これらが何者なのか?勉強し始めた頃は全くわかりませんでした。

用語が難しいと、投資へのハードルが上がってしまいますよね。

この記事では、今から投資を始める方を対象に用語を分かりやすく解説します!

結論
■インデックスファンドは、ある株価指数に連動することを目指した投資信託
■メリットは、手数料が安く、簡単に分散投資できる点
■デメリットは、連動している株価指数の影響を直に受けてしまうこと
■おすすめのインデックスファンドは米国株か全世界株

インデックスファンドって何?

インデックスファンドとは、ある特定の株価指数との連動を目指す投資信託です。

代表的な株価指数には日経平均株価やTOPIX、S&P500などがあります。

解説
・インデックス…指数や指標という意味
・ファンド…投資信託のこと
・投資信託…投資家から集めたお金をひとつの資金として、運用のプロが株式や債券などで運用し、その成果を投資家に還元する金融商品のこと

S&P500については詳しく解説をしてますので、そちらもご覧ください。

S&P500って何? ...

インデックスファンドとアクティブファンドとの違いって何?

インデックスファンドという言葉を聞いたことある人は、アクティブファンドという言葉も聞いたことあるのではないでしょうか?

インデックスファンドとアクティブファンドの違いを簡単にまとめてみました。

インデックスファンドは機械的にある株価指数と連動することを目指します。

それに対してアクティブファンドは、ファンドマネージャーと呼ばれる投資のプロが更なる利益を狙って運用するというものになっています。

メリット・デメリットは?

ファンド(投資信託) での資産運用をご検討の方はメリット・デメリットは何?と思われると思います。

そこで表にメリット・デメリットをまとめてみました。

ここで着目したいのは、アクティブファンドはインデックスファンドの運用益を超えることは難しいという点です。

投資のプロがさまざまな分析をして挑んでも、日経平均やS&P500と言った株価指数に勝つのは難しいようです。

さらに、気にすべきは運用コスト(信託報酬) です。

一般に、アクティブファンドの方が、人件費がかかりますから、その分手数料が高く設定されています。

銘柄にもよりますが、インデックスファンドは0.1〜0.2%、アクティブファンドは1.0〜1.5%って感じですかね。

実際の手数料は「インデックスファンド 手数料」などと検索するとすぐ出てきますので、ご参考にしてみてください!

たかが、数%の差でしょ?と思われるかもしれませんが、これは大きな違いです。

例えば、100万円を投資信託で運用したとします。

手数料0.1%だと毎年1000円の手数料が発生しますが、手数料1%だと、毎年1万円の手数料が発生してしまいます…

固定費を抑えることは資産管理の面では重要な意味を持つので、しっかり意識した方が良いですね!!

結局どっちを選べば良いの?

少なくとも初心者の方はインデックスファンドが良いです!

運用成績も良く、手数料も安い、分散投資もしてくれる…となると選ばない手はないかなという感じです。

僕自身が初心者なので、インデックスファンドのみで運用しようと思っています。

僕自身の成績などは別の機会にご紹介しようと思います。

インデックスファンドのおすすめ銘柄は?

今回は、僕が気になっている銘柄の米国株と全世界株を紹介します!

米国株

米国株の中でも特にS&P500に連動したファンドがいいなーと思ってます。

その根拠は、長期保有すると元本割れリスクはかなり減ることが過去の経験則的に分かっているからです。

https://www.wealthnavi.com/contents/column/15/

※元本割れしないことを保証するものではありません。

【S&P500連動のインデックスファンド】
■eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500)
(信託報酬: 年0.0968%)
■SBI・V・S&P500インデックス・ファンド
(信託報酬: 年0.0938%)

全世界株

アメリカだけに、投資するのは不安だという人はさらに広く分散投資してみるのも良いと思います!

買付手数料は無料で始めやすいと思います!

【全世界株式インデックスファンド】
■eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
(信託報酬: 年0.1144%)

まとめ

インデックスファンドについて学んでいきました。

少しでも参考になれば幸いです!

結論
■インデックスファンドは、ある株価指数に連動することを目指した投資信託
■メリットは、手数料が安く、簡単に分散投資できる点
■デメリットは、連動している株価指数の影響を直に受けてしまうこと
■おすすめのインデックスファンドは米国株か全世界株
ABOUT ME
コウタ
コウタ 28歳 社会人4年目 結婚1年目 妻と2人暮らし 地方国立大学大学院を修了後、一般企業に就職 就職当初は、遊びや飲み会、服、インテリアなどに散財する日々 貯金はほぼ0円 手取りは20万弱 これではいけない、なんとかこの状態から抜け出さなければと、fireを目指す社会人のブログです。 ※fireとは…Financial Independence, Retire Earlyの略です。「経済的自立と早期リタイヤ」という意味で、不労所得により労働をしなくても良いという選択肢を人生の早期に得ることです。 (fire…なんて良い響きなんでしょうか) 具体的には、fireをするための以下のような王道の取り組みをコツコツ行い、自らの資産を育てていく予定です。 1.支出を抑える 2.収入を増やす 3.資産を増やす 4.資産を減らさない 5.人生を豊かにするためにお金を使う 節約、副業、投資…全てにおいて初心者からスタートです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。