プロフィール

Pocket

コウタ

初めましてコウタ🐻(@koh_natsu_camp)です。

当ブログを運営しているコウタと申します。
私自身のプロフィールに興味を持っていただき、ありがとうございます!

プロフィール

1993年生まれのアラサーです。
普段は会社員をしています。

キャンプスタイル

キャンプデビューは軍幕テント

キャンプを始めたきっかけは、会社の先輩からの誘いでした。
当時、キャンプブーム絶頂期だったこともあり、とても興味があった僕は二つ返事で行くことに。
そこで先輩に教えてもらったキャンプスタイルは、アメリカ軍が使用していたとされるパップテントを張る無骨ソロキャンスタイルでした。

薪をナイフで割り、フェザースティックを作り、ファイヤスタータで火を付ける…
まさに、無骨ソロキャンスタイル!めちゃくちゃ感動しました。笑

影響受けまくりの僕は、早速初任給をキャンプ道具にぶち込み、パップテント、ナイフ、クッカーなど一式を揃えました。

この写真は、2018年2月に僕が初めてソロキャンプをした時の写真です。
うーん、シンプル

この時期は2月でしたが、当時の僕は、テントのスカートなし、シュラフは夏用、暖房器具なしというハードゲームでキャンプをしたので、寝るときに足先が凍傷するのではと思うほど冷え切っていました。
何度も車に逃げ込もうかと考えましたが、なんとか思い留まり無事に一夜を過ごすことができました。
朝日が出た時、生きていることのありがたさをしみじみと感じたことを今でも覚えています。

妻と出会い、キャンプスタイルの変更

初めて妻とデイキャンプ

2019年に妻と出会い、何度かキャンプに誘ってみましたが、「外で寝るとかヤダ」と一蹴され続けていました。
三顧の礼でなんとか、デイキャンプに連れ出すことに成功

もちろん、無骨軍幕スタイルです。

2020年2月にキャンプに連れ出すことに成功
妻は寒さで縮こまっていました…汗

最初は、ぶつぶつと文句ばかり言っていましたが、何か刺さるものがあったのでしょうか、「キャンプギアをもっと充実させてくれたら、キャンプに付き合ってあげてもいいよ」とのお言葉をいただきました。

キャンプギアの充実化

それからというもの、無骨なスタイルから、快適さを求めるスタイルにシフトチェンジしていくことに。

シェルターの中で過ごすため、夏は影を作ってくれ、冬は風を遮断してくれるため、快適性が格段に向上しました。

見た目もお気に入りです

また、ソロキャン時代は手薄だったキッチン周りの道具も揃え始め、今ではいつも美味しい料理を青空の下で食べることができています

現在の悩み

快適キャンプにどハマりした僕たちは、快適グッズを買い漁っていましたが、ふと、キャンプに統一感がないことに気がつきました。
見た目も綺麗じゃないし、ごちゃつく感じがとても気になるように。

今後は、統一感のある快適キャンプに最適化していく予定です!

SNSでも発信中

Instagramでも発信してます。
ぜひ確認してみてください!